女性の復職について

出産後、育児にひと段落して仕事に戻ろうかと思った時、女性の復職は日本では非常に厳しいと言われています。育児休暇制度があっても長くて1年、1年ではまだ赤ちゃんです。従って復職するにはご両親が健在なら任せる、それができないなら保育園に頼むしかないのです。しかも認定保育園はどこも一杯、仕方なく不安な気持ちで無認可の保育園に預ける女性が多いのです。こういった保育園の問題はもちろん、そもそも育児休暇という制度がない職場もまだまだたくさんあります。

つまりこれは何を意味するか、それは出産するなら仕事を辞めてくださいということです。そのため半ば強制的に仕事を辞めざるを得ないのです。育児にひと段落して復職しようとなると、なかなか仕事が見つかりません。幼稚園に預けている間だけとなると、そういった仕事はほぼありませんし、あったとしてもすぐに決まってしまうものです。在宅ワークもありますが、ほとんど稼げない内職レベルです。

女性は家を守るという日本に古くからある考えが社会進出を阻んでいるのです。もちろん専業主婦を頑張るのもいいですが、経済的な問題で働きたいケースが多いでしょう。そんな時に働く場がないというのはいかがなものでしょうか。男性の育児休暇制度を設けている企業もあるようですが、まだ活用できている人はごく少数派です。日本は旧態依然として男尊女卑の世の中とまではいいませんが、性別による差別が完全になくなったとは言えないのが現状です。

しかし、少しずつ社会が変わってきているのは事実です。まだ完璧ではないにしろ、育児と仕事を両立させている先輩たちはたくさんいます。さまざまなサポート制度などをしっかり調べて、女性が活躍するためのポイントを掴みましょう。