復職が困難になっている理由

結婚した女性が復職するにはまだ困難な社会です。出産をする場合、会社に籍を置いておく自体が難しい現状も少なくありません。そのため一度仕事を辞める女性は大変多いものです。結果的に育児が一段落して、再就職という段階を踏む事がほとんどです。

働き続けたい女性たちは、復職が難しい理由にはどのようなものがあるかを事前に知らなければなりません。

特に、保育園の少なさは国全体の問題となっています。子供の面倒を見て貰えないのでは、当然働くことはできません。都市部では待機児童が多いのでなかなか難しいことになっています。

これは、人間関係が希薄になっている事も原因の1つとして挙げられます。核家族という形態が増えており、祖父母等に見て貰えない家庭がたくさんあるのです。そのため、保育園に預けて子供が調子が悪くなったときに、代わりに迎えに行ってくれる人が居なければどうしようもないという実態があるのです。

それから企業側の問題も無視はできません。多くの企業で、子供を持っている女性に対する受け入れ体制が整っていないのが現状です。保育園等、子供の面倒を見れる環境が整っていれば、問題は無いでしょう。多くの企業ではまずそのような環境は整っていないものでしょう。

さらに企業側にとって、働く人間に子供が居るかどうかを考慮には入れてない事は珍しくありません。つまり、求人の多くで独身と同じ条件で働く人間を求めているということ。それも復職を難しくしている原因の1つと言えるでしょう。ただ、それでも再就職が出来た人も居る事は忘れてはなりません。再就職した人たちの意見を聞き、家族にも協力を求めながら、最適な職場を探してみるといいでしょう。