働き方を明確にすること

女性が妊娠、出産を機に一旦休職したり、家族の介護や自分の病気で仕事を休んだが、また仕事に復職する時、色々なことを考えるものです。子供はどうしてもお母さんにべったりになるものですし、男女平等とは言え、男性が時短勤務を選択できることはまだ少ないものです。子供が病気になったら早退するのはお母さんというイメージになっています。

育児と両立させて働くとなれば、仕事のブランクを埋められるのか、同僚と上手くやっていけるだろうか、などと不安はつきません。そうした不安を打ち消すために大切なことは、自分はどんな働き方をしたいのかを明確にすることです。育児や家族が一番で仕事は二の次なのか、仕事に復帰するからには仕事は仕事でしっかり責任を持ちたいのか、ということを考えておく必要があります。

前者はパートタイムから初めてもいいですし、同僚に協力が求められる環境ならばある程度、事情を理解してもらうことも大切になってきます。後者の場合は、しっかりしたサポートを復職するときに整えておくことが必須になります。サポートとは時間外保育や家族のサポートのこと。人間関係を円滑にしていけるように、おんぶにだっこではいけません。同僚に助けてもらったらその次は、自分が助けを勝手でる、常に相手の立場になって考える、といった風に自分のできることは何だろうと、常に模索することが大切です。

子育て中だから大変だというのはわかりますが、復職すると決めた以上は表に出さないぐらいの覚悟が必要です。そういった覚悟や勤務態度で頑張っていれば、すぐにではなくても必ず評価される日が来ます。